管理者からのメッセージ

バレー部のTwitter始まりました!@NUM_VB でフォローしましょう!

Twitter

2010/10/07

ジブリ愛好家

こんばんわ。
突然ですが、みなさんはジブリ映画は好きですか?
私は好きです。とくに、宮崎駿のがいいです。
強いメッセージ性を感じる作品が多くて、何度見ても感動します。
一度見るとなかなか忘れないキャラクターが多くて、
いろんな名言がちりばめられているところもジブリ映画の魅力の一つだと思います。
今回はそれぞれのジブリ映画の魅力を個人的な感想と数々の名言の一部、
そしてその名言の日常における主な使い方を紹介することでアピールしていきたいと思います。

まず、風の谷のナウシカ。
ジブリ映画の中では一番のお気に入りです。ぜひ原作も読むべきです。
登場するキャラクターがみんな驚くぐらい強い感情を持っていて、
ふしぎな世界に引き込まれたような気分になります。
ナウシカの勇気、ユパ様のかっこよさに憧れます。最後は泣けます。
名言は
ナウシカ「ほら、怖くない・・・怖くない・・・ほうら、怖くない」
 使い方:強面のお兄さんにからまれた時
クロトワ「腐ってやがる。早すぎたんだ」
 使い方:腐ってるものを見つけた時
クシャナ「焼き払え」
 使い方:BQの時
なんかが有名です。

次に天空の城ラピュタ。
キャラクターにとても愛着がわきます。とくにムスカの性格が最高です。
インパクトのあるセリフがおおくて、見ていて飽きません。
音楽もよくて、カラオケとかでよく歌います。
名言は
パズー「あの雲の峰の向こうに見たこともない島がうかんでいるんだ・・・」
 使い方:夏に入道雲を見たとき
ムスカ「読める・・・読めるぞぉ!」
 使い方:英語の試験中
ムスカ「見ろ!人がごみのようだ!」
 使い方:展望台に登った時
ムスカ「お前たちはここで待て。ここから先は王族しか入れない聖域なのだ」
 使い方:エレベーターでブザーが鳴った時
ムスカ「次は耳だ。跪け!命乞いをしろ!」
 使い方:朝食パンを食べる時
なんかが有名ですが、まだまだ沢山インパクトのあるセリフはあります。

ちょっと疲れてきたので少し飛ばしてもののけ姫にいきます。
なにより、サンとアシタカが好きです。
アシタカがとてもかっこよくて、共感するというよりは、
憧れの的てきな感じです。それぞれの思いが交錯し、ぶつかり合い、
最後には許せなくとも分かりあえるという所が感動的です。
名言は
アシタカ「静かすぎる。コダマたちもいない」
 使い方:静まり返った教室で
アシタカ「生きろ。そなたは美しい」
 使い方:蟻の行列を見たとき
モロ「黙れ小僧!」
 使い方:年下の子に論破されそうな時
モロ「お前にサンが救えるか?」
 使い方:金魚すくいをするとき
モロの子供&サン「あいつは?食べていい?」「食べちゃダメ。あれは私のえものだよ」
 使い方:ラスト一枚になった肉を食べる時
なんかが有名です。

最後に千と千尋の神隠し。
この映画は他の宮崎駿映画とは少し毛色がちがうようなかんじを受けます。
他の映画と違って主人公の千尋が頼りないから、よりハクがかっこよく見えます。
ちょっとずつ成長していく千尋に心を動かされて、見るたび感動してしまいます。
名言は
かお無し「千はどうした?千を出せ!」
 使い方:わりかんなのに500円しか出さないやつにたいして
が一番有名だと思います。

ジブリ映画には他にも名作が沢山あります。
いままで何度も見たって人も、見たことないって人も、
ぜひさっそくジブリ映画をみて、その素晴らしさを味わってみてください。

2 件のコメント:

  1. 今までの文章で一番良かった。
    泣きそうになった。

    返信削除
  2. これはひどい

    返信削除